耐震住宅にしてからの家族の反応とは

私にとっては家族が大事で家のことも考えていました。最近では耐震住宅が流行っていて中身を知りたかったです。またそういう住宅にすることを決めて家族と相談しました。

一戸建てでもそれが完成品ではないのが現実です。私は家作りを通して色々と後悔している場所があると感じました。例えば耐震を考えないで家を作っていったことです。

実際に一戸建ては地震には弱いという印象を持っています。私は地震を体験して一戸建てが危ないと思いました。それで耐震住宅について再び考えたのです。

地震に強い家は時間をかけて作るべきでした。急いで家を作ったことであまり耐震を意識しなかったのです。それで家族も不安になって耐震住宅に関心を持ちました。

耐震住宅にするためには多くのお金が必要で大変でした。また家の素材と構成をプロの視点で見直すことになりました。時間もかかって耐震住宅が完成した時は心から嬉しかった記憶があります。

特に良かったのは家族がこういう家で安心感を得られたことです。

一戸建てのメリットとは

私は長年マンション暮らしをしていましたが、昨年、羽村市に注文住宅で一戸建てを建てました。一戸建て住宅のメリットというのは一体どこにあるでしょうと言いますとまず、一つに上下階が自分の家ということになります。つまりはマンションなどと違って他人の家と壁で繋がっていないというのが戸建ての最大の魅力であると言っても過言ではないでしょう。庭がある云々ということもありますが、庭がない戸建てもありますし、マンションでも庭があったりすることがあるのでそれが明確な違いと言うのは理解しておきましょう。戸建ての場合は管理費などが必要ないという点も魅力であると言うでしょう。管理をするための費用がかからないというわけではなくマンションのように強制されるような管理費の徴収が存在しないという点において優秀といえるわけです。毎月の維持費ということになりますとやはり同程度のマンションと戸建てというのでは戸建ての方が固定資産税が高いことも多いのですがとにかく共栄費が必要ないという点においてかなりのコストカットができるのです。