家作りの際に子供のために気を付けた点

羽村市に新築でマイホームを作るにあたり子供のために気を付けて設計したポイントがいくつかあります。まずは、リビングの広さですが子育てをする際に出来るだけ広いと便利なためリビングを広く設計しました。そのため子供がリビングで遊んでも安心して見ている事が出来ます。子供が走り回ったり玩具で遊んでもリビングが広いととても安心感があります。次に子供が成長した時の事を考えてカウンターを作りました。

 

自分の部屋ではなくリビングで勉強出来る環境を作りました。子供に勉強を教えたり出来るためカウンターはこだわって作りました。その他では、子供が外で遊ぶための玩具などを一時的に置いておく事が出来る広さの第2玄関を作りました。子供のベビーカーや遊び道具を気軽に取り出す事が出来ます。また、子供が外で遊んだり夏場にプールが出来るように外周りも広さを確保しました。以上、マイホーム作りの際に自分の子供のために考えて採用した項目がいくつかあります。

マイホームの土地選びについて

青梅市に新築でマイホームを購入するにあたり土地選びを入念に行いました。様々な土地があったため予算とも相談しての購入でしたがいろいろいと悩みました。土地を選ぶ条件としてまずは周辺の環境でした。大通りに面していないか、工場などの騒音が無いかなど土地の周りの住まい環境を何度もチェックをしました。曜日や時間帯を変えて土地や周辺環境を調べておけ事はとても大切です。

 

次に公共交通機関や公共施設が最寄りにあるかどうかについてもしっかりと確認しました。駅やバス停が近い場所にある事、学校などの公共施設が近隣にあるか確認しました。子供が安心して学校に通ったり、家族みんなが安心して暮らしていける住まい環境であるかを確認していきました。我が家は、駅から近く立地条件の良い場所で土地を購入しマイホームを建てる事が出来ました。マイホームの土地選びは時間が掛かったり大変です。マイホームで暮らし始めるイメージをして土地選びに参加すると良いです。

広い部屋は対応する冷暖房がなかなかみつからない

福生市に戸建て購入にあたり、LDKを広くとったのですが、これによってこの一部屋を1台の冷暖房で担うことができなくなってしまいました。とりあえず電気店で見つかる最大の畳数に対応するものを設置したのですが、なかなか部屋が適温にならないことで「自動運転」にしておいても運転が止まることなくかなり電気代がかかります。

サーキュレーターを併用したところ、体感的にはだいぶ良くなったのですが、冷暖房機自体が認識しないのか、ほぼフル稼働状態。

現状、冷暖房に関しては手動で切り替えています。
ただ、気候のいい日は広々とした部屋がとても気持ちよく、窓を開けると良い風が通って心地よい場所になります。
不便はあるけれど、やはり広い部屋を作ってよかったなぁと思える瞬間です。

業務用の冷暖房機なども現在検討中ですが、なにかうまく解決する方法がないかな、と別の手段での情報も調べています。
戸建て購入の際、適応する家電があるかどうか、なくても我慢できるか、注意しておくと良いと思います。

土地選びは近所の様子もしっかりと見て!

私たち家族にとって念願だった新築一戸建ての購入が実現することに、すごく嬉しくて舞い上がっていました(笑)。土地選びに時間がかかってしまいましたが、納得できる土地を手に入れることが出来たと私たちは思っていたのですが…。購入した土地の周辺は何度も自分たちで歩き、雰囲気も分かっていたはずだったのですが、今となっては後悔が多少あります。

 

もうすぐ家が完成するので、私たちと両親で何度か作業を見に行っていました。「完成が楽しみねぇ。」「いい家だね。」などと私たちは和やかな会話だったのですが。突然近くから厳しい口調の声が聞こえてきました。近所の家にガラの悪い夫婦が何かに怒鳴っているので、私たちは唖然としてしまいました。

 

いまだにそのご近所さんのことを考えると不安になります。これからずっと住む家なのに…と思いながら、モヤモヤしてしまいます。土地選びはもっと慎重にしなければいけないと、今さらながら思ってしまいます。

やっぱり柱がとても大切

夢のマイホームを買うにあたり、いくつかの建売住宅を見に行きました。そしてそれらの柱の細さを見て、非常に不安感を覚えました。私のかつて住んでいた家は父がとても柱にこだわっており、太く丈夫なものを注文したそうです。そのおかげか震災などでも崩れたりゆがんだりするようなことはなく、非常に丈夫な家でした。

 

そんな家で育った以上、物理学の観点などからはその細さでも十分に家を支えることができるとは分かっているのですが、やはり柱の太さはどうしても気になってしまうのです。結局のところ建売の新築住宅に私の望むような太さの柱を持つものはなく、注文住宅を工務店に頼むこととなりました。

 

太い柱はやはり高いのかかかった費用は予想よりも大きなものとなり、建売住宅と比べて1.5倍近い高い買い物となってしまいました。しかし実際完成した家に入り柱に触れてみると、ああ太い柱にして良かったと心から思ったのです。これからどんなものが来ても、この柱はきっとわが家を守ってくれることでしょう。

憩いのリビングは大正解

以前のマンションには、リビングという部屋を作ることができませんでした。
それは食事をするテーブルを置くと、それだけでアウトとなってしまったからです。
そのため羽村市に新築した一戸建ては、必ず広いリビングを作りたいと思っていたんです。

 

そして念願の一戸建てを作った時に、リビングを広く取ることにしました。
ちょっと広すぎたかなと思うこともありました。
それはリビングを広くすることにより、洗面所やお風呂場が狭くなってしまったからです。
しかし、それはそれでとても満足しています。

 

一番広いリビングで、家族全員が集まることが多くなっています。
以前は、食事をした後にそれぞれが別々のことをすることが多かったのです。
ところがリビングが広くなったことで、そこで家族同士で会話が弾んでいます。
以前のことを思うと、想像することができない位話すことができています。

 

リビングは、憩いの場所です。少々無理をしたと思うこともありますが、広くしたことは大正解だったと思っています。